インビザライン矯正の費用・期間は?痛いの?【経過ブログ】

インビザラインは、マウスピースを使った最新の歯科矯正です。

透明なマウスピースを使った矯正なので、通常のワイヤーを使った矯正より目立ちにくいといったメリットがあります。

また、インビザラインの矯正期間や「痛いのか?」、そして気になる費用も私が支払ったリアルな金額をお伝えします。

私(26歳)も実際にインビザライン矯正しているので、私の実際の経過を写真とともにご説明します。

日本や海外の芸能人の方も実はインビザライン矯正している方もたくさんいるので、ご紹介しますね!

インビザラインとは

インビザラインとは、簡単に言うと「マウスピース矯正」のことです。

インビザラインは、アメリカのアライン・テクノロジーという会社によって開発されたので、アメリカでは知名度がかなり高いです。

私のアメリカ人の友達もみんな知っていました

透明だから気づかれない!

インビザラインのマウスピースを着けて矯正します。

実際に私がマウスピースを着けた写真をつけた写真がこちらです↓

このマウスピースが透明なので、他の人には矯正していることが全く気付かれません

これが普通のワイヤー矯正と大きく違うとことですね。

ワイヤー矯正だと、見た目が気になることがあると思うのですが、インビザラインだとそのストレスがないのが最高です。

私は、仕事でたくさん話すのですが、話している相手に一度も気づかれたことがないです!

インビザラインは痛い?

インビザラインはワイヤータイプの歯科矯正よりも痛みが少ないと聞きますが、実際はどうなのでしょうか?

私の歯は下の写真を見ての通り、下の前歯がガタガタなので、初めてマウスピースを着けたときは、最初の3日目まで下の前歯だけ痛かったです。

でも、上の歯に関しては全く何も痛みを感じませんでした。

5日目くらいから、下の前歯が動いてきたのか、少しぐらぐらしてきましたが、痛みはないです。

食事をするときに強く噛むと、下の前歯と奥歯が痛いので、やさしく噛まなきゃいけないです(^_^.)

インビザラインは歯を段階的にゆっくり動かしていくので、私の場合は、2つ目のマウスピース以降、全然痛くありませんでした。

しかし、矯正が必要な歯が多ければ多いほど、痛みは強くなると思います。

インビザラインの矯正期間

インビザラインの矯正期間は、通常0.5~2.5年くらいかかるそうです。

歯の状態によって、矯正期間は変わってきますが、インビザラインでは矯正終了時までシュミレーションして、期間を計算してもらえます。

私の場合は、約半年かかる予定です。

私は普通より早く終わるみたい!

インビザラインの費用と検査費

日本でインビザライン矯正をすると、費用は約80万~100万円くらいかかります。

では、ブラジルでインビザラインをするのにかかった費用はいくらだったのでしょうか?

インビザライン矯正の費用

私は、ブラジルでインビザライン矯正をして、費用は約183,000円(=9150レアル)でした。(ちなみに保険適用外です)

こんなに値段が違うなんてびっくり!

私の診てもらっている歯科医院では、月々の診察料はかかりません。つまり、無料です!

もし、海外在住者の方や、海外移住予定の方は移住先の方が安くインビザライン矯正ができるかもしれないので、事前に確認しておいた方が良いと思います。

インビザライン矯正の検査費

インビザラインをするためには、X線撮影、歯型取り、写真撮影などの精密検査を行う必要があります。

精密検査は5200円(=260レアル)でしたが、私は歯科保険があったので、自己負担額は3000円(=150レアル)でした。

さらに、インビザラインのマウスピースを作ってもらうために、歯の3Dスキャニングを撮ってもらいました。

お値段は3000円(=150レアル)で、保険の適用されませんでした。

ちなみに、私は親知らずも含めて、1本も抜歯せずにインビザライン矯正できました。

インビザライン矯正の合計費用

精密検査3Dスキャニングなど含めて、インビザライン矯正の合計費用は189,000円でした。

精密検査や3Dスキャニング以外に、矯正前に私は虫歯治療とクリーニングも必要でしたが、私は歯科保険があるので、無料でした。

インビザライン矯正と一括りに言っても、通う歯科医院によって、費用も変わってくるので、いくつか病院を回って見積りをもらって決めるようにしたほうがいいですね。

決して安い金額ではないですからね

インビザラインの経過と効果

インビザラインの経過を随時、このブログで報告していきたいと思います!

ブックマークして、ぜひ今後の経過もチェックしてくださいね!

インビザライン矯正1枚目(開始時)

インビザライン矯正1枚目の開始時の写真です。

1~3日目は前歯のガタガタのところが痛かったですが、上の歯は全く痛くないです。

4日目以降は痛みはなくなってきましたが、食事のときにマウスピースを外して食べる時、下前歯と奥歯が痛かったです。

5日目から、下前歯がぐらぐらしてきました。

歯が動いて、矯正の効果がでてきたのかなと思います!

仕事中にたくさん話すと、マウスピースに慣れていないせいか、下の奥歯が痛かったです。

10日で次のマウスピースに交換します。

インビザライン矯正2枚目(11日目~)

インビザライン矯正の2枚目になると、「また痛みがでてくるのかな?」と思っていたのですが、痛みはなかったです。

マウスピースを着けるときに、前よりもつける時にきつく感じるくらいです。

私はもともと睡眠中の歯ぎしりが酷いのですが、今回のマウスピースをつけて、さらに歯ぎしりが酷くなってしまったように感じます。

しかし、お医者さんに相談したら、「それは最初はよくあることなので、あまり気にしなくていいよ」と言われました。

インビザライン矯正3枚目(22日目~)

矯正3枚目をつけるために、歯にアタッチメントを付けてもらいました

写真で歯についている白い突起のようなものが見えると思いますが、それがアタッチメントです。

(アタッチメントについては後に詳しく書いています。)

今回は1~3日目の痛みが酷くて、辛かったですが、4日目からは全然平気になっていきました!

夜中の歯ぎしりもまだ治っていません。

今回からは7日でマウスピースを好感していきます。

インビザライン矯正4枚目(32日目~)

今回も1~3日目に痛みがありましたが、前回よりも慣れてきたと思います。

今までは、前歯を中心に引っ張られている感じでしたが、今回は横の歯?奥歯のほうに痛みを感じます

デンタルフロスをしたときに、歯と歯の間のすき間の広さが変わっていることがよくわかります。

今までフロスしにくかったところが、すき間が狭くなり、フロスしやすくなっていたり、逆にすき間が広くなっていたりします。

ちゃんと矯正の効果が出てきてる証拠ですね!

インビザライン矯正5枚目(42日目~)

上の前歯の並びが綺麗になってきたように思います♡

今までと同じように3日目までが痛かったです。

でも、インビザラインに慣れてきたのか、歯ぎしりはましになってきました

インビザラインについて知っておきたいこと

インビザラインを矯正をしていると気になることや、矯正後のことについて少し書いていきたいと思います。

インビザラインが浮く?

人によっては、インビザラインのマウスピースを着けたときに、浮いてしまうことがあるようですが、私は問題なかったです。

最初、歯とマウスピースのほんのわずかにすき間があるかなと感じたことがありましたが、それくらいで普通かと・・・

もし、少し浮いてるなと思ったら、マウスピースを着けて、前歯から奥歯にかけて押していけば、綺麗にはまります。

もしかすると人によっては、浮く理由がマウスピースの型が合っていないことが原因かもしれないので、一度医者に話したほうが良いかもしれませんね。

インビザラインのアタッチメント

インビザラインの途中で、マウスピース矯正をサポートするために、歯にアタッチメントを付けてもらいます。

このアタッチメントは、写真の歯にあるプラスチックの白い突起です。

このアタッチメントによって、マウスピースが歯から滑らず、歯が動きやすいようにサポートしてくれます。

インビザラインの3枚目(22日目~)分を病院にもらいに行ったときに、アタッチメントを付けてもらいました

アタッチメントをつけてもらうのに、30分くらいかかったと思います。

施術の方法としては、虫歯に詰め物をしてもらうときと同じような感覚でした。

でも、もちろん歯を削ったりしないで付けるだけなので、痛みはありません

最初の数日はアタッチメントのせいで違和感ありますが、慣れたら全然平気でした。

インビザラインのリテーナー

インビザラインのリテーナーとは、マウスピース矯正が終わった後に、歯が戻らないようにする保定装置です。

保定装置と聞くとなんか大がかりに聞こえますが、見た目はマウスピースと同じです。

これも、インビザラインが終わって、リテーナーを使いだしたらアップデートしますね!

インビザラインのケース

インビザラインのケースは、インビザライン矯正をする場合は無料でもらえます。

ブラックの高級感のあるケースで、私はとても気に入っています。

インビザラインのケースは、お食事する前に外していれておく用として使っています。

ケースに入れないで、ティッシュやキッチンペーパーなどに包んでおくと、捨てそうになるので、注意してください!

マウスピースが透明だから失くしやすい・・・

インビザラインをしている芸能人

インビザラインは透明で矯正してても見えにくいので、芸能人の方もよく使用されています!

芸能人の方でインビザライン矯正している方を3人ご紹介します。

芸能人①ケイティ・ペリー

 

この投稿をInstagramで見る

 

KATY PERRY(@katyperry)がシェアした投稿

歌手のケイティ・ペリーさんも特に下前歯の矯正のために、インビザライン矯正してました。

芸能人②EXIT

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ayaka Minato(@ayaka_minato0707)がシェアした投稿


芸人のEXITのかねちさんとりんたろーさんもインビザライン矯正されていました。

芸能人③ジャスティン・ビーバー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Justin Bieber(@justinbieber)がシェアした投稿

この写真では見えないですが、ジャスティンも以前インビザライン矯正をしていたそうです。

海外の芸能人もよくインビザライン矯正をされていますね!

インビザライン矯正・まとめ

普通の矯正と比べて、痛みが少ないことはインビザラインの1つのメリットですね!

インビザライン矯正の通常の矯正期間費用をまとめるとこのくらいです。

矯正期間 0.5~2.5年
費用(日本) 約80~100万円
費用(ブラジル) 約20万円

国によっても、クリニックによっても、費用は異なるので、複数のクリニックをまわって、見積りをとると良いと思います。

インビザラインは目立たないので、人と会うことの多いお仕事をされている方におすすめです。

結婚や成人式など、大切なイベントがある予定の方でも、インビザラインなら、写真を撮るための短時間の間なら、外して撮影できるところも良いですよね!

これからも、新しいインビザラインのマウスピースに交換するたびに、経過をここでアップデートしていくのでぜひチェックしてください!

【2020年】ブラジルで歯科矯正はじめました!費用はいくら?

ブラジルでの歯科矯正の費用や種類、期間についてご紹介していきます! 私は現在26歳ですが、今まで歯科矯正をしたことなく、ブラジルではじめて矯正をすることになりました。 サンパウロの歯医者さんのレベルは ...

続きを見る

-コスメ・スキンケア
-

Copyright© TIPS IN BRAZIL , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.